« 歩けるってステキなこと part 2…安全確認は超音波で! | トップページ | 歩けるってステキなこと Last part …昔のようには歩けない! »

歩けるってステキなこと part 3…みんな苦労している!

・・・ 大ぼけ! 出会いは2005年。
    2年目だからーー2006年の話し(汗)・・・

 「知らなかった…!」

 中途視覚障害で、眼科ドクターから外出注意勧告が出ていたこともあり、
ホーリーと歩くまで白杖を使って単独歩行したこともなく、盲導犬
ユーザー仲間以外、目の見えない友人・知人がいなかった私。だから、
目からの情報が全くなく歩くことの危険性や大変さが判らず、また、
どれほど気苦労で疲れることか、な~んにも知らなかったんです。(大汗)

ホーリーと出会うまでの約5年間、歩くと言えば家の中と庭をウロチョロ。
どれくらい歩かなかったかと言えば…。歩行の励みにと買った
伊能忠敬モデルの万歩計がほとんどカウントしなかったほど。

ハイ、万歩計の詳細で~す。地図作製のため測量しながら
日本中を歩いた先達を見習い、その偉業体験と言うか…、日本橋から
宿場宿場を目標に歩行距離が表示されると言う物。でも、いつまでたっても
次の宿場に着かないんです! (涙) で、よけいストレスになるので放棄。

万歩計を買う前から、密かにトトカルチョをしていたらしい家族。
が、誰にも五十三次踏破すると信じられていなかった見事な私!
まさか日本橋で頓挫するとは思わず、最短距離で勝利した者でさえ
「せめて次の宿まで行くと思ってた…」と呆れる始末!

こうして、平成の伊能忠敬もどきの大事業は、予想を裏切ることなく、
それどころか短期決戦で見事に挫折したのでした。(快哉!) 
あ~ぁ、また脱線! コホン。

そう言うわけで、超音波歩行補助具の情報収集のつもりで読んでいた投稿は、
視覚障害者がどれくらい大変な思いで日々歩いているかを
私に教えてくれたのです。

 視覚障害者の不自由さの一つにアクセスの困難さがあり、それは、
中途傷害の私も、イヤ、中途傷害だからこそ痛感していること。
いくら白杖だけの歩行に馴れていても安全は別物。でも、超音波を
使えば安全度は増し、盲導犬と歩けば更に楽に、安全になる。スピードだって
格段に違うし、もしかしたらだけど、ほとんどの視覚障害者の人たちは、
一人で風を切って歩いた経験なんてないかも知れないんです。(うるうる)

 私と同じように盲導犬と歩いていても、Mさんはそんな大変さを
経験してきた人。見えない歴なんてもんじゃなく、私とは眉間の
縦じわの深さも本数も違うんです。あっ、これは、年が違うとか
お肌の回復力が違うとか、ついでに、私の眉間にしわがあるとか
ないとか…そう言う問題じゃないです。(汗)

確かに単独で歩いていた時に比べれば、ホームズのガイドで歩ける今、
神経の使い方は「ぜ~んぜん」なのかも知れない。イヤ、使って
ないってことはないけど、使い方が違うんだろうし、きっと眉間に
縦じわも寄ってないはず!(I guess.)

 人頼みの外出ではなく、いつでも好きなときに(これは語弊が
あるけど)自由に外出する手段として今現在、一番安全なのは盲導犬
との歩行だと思うんです。Mさんは確実にステップアップして来ました。

でも、ずっと目が見えていた私にとって、歩くってことは、恐らく
Mさんがホームズと歩いて初めて知った、そんな歩行じゃなかったんです。
だって私は、普通に歩くってことがどう言うことか知ってるんですから。

 盲導犬に対する正直な思い、期待も、きっとMさんとは違うはず。
私は思いました。「目が見えなくてもきちんとしつけられた犬が
一緒なら、以前と同じように…とは言わないけど、きっと自由に歩ける。
また何か始められる」。テレビや本から得た知識や情報が、
そんな私の思いを確固たるものにしていったのです。

 つづく

|

« 歩けるってステキなこと part 2…安全確認は超音波で! | トップページ | 歩けるってステキなこと Last part …昔のようには歩けない! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。