« 歩けるってステキなこと part 3…みんな苦労している! | トップページ | 商店街はいい匂い!? »

歩けるってステキなこと Last part …昔のようには歩けない!

・・・ 大ぼけ! 出会いは2005年。
    2年目だからーー2006年の話し(汗)・・・

 「これが今の私の歩行!」

 世間が思う盲導犬のイメージ通り、共同訓練の時にホーリーが
見せてくれたガイドは立派なものでした。角をキビキビ教え、段差で
ピタッと止まり、階段では一段目に前足を掛けこれまたピタッと停止。
決して匂い嗅ぎはせず拾い食いもせず、歩行中にウンチやオシッコなんて
もってのほか!! {これならいける!}。美しい思い込みの始まり始まり~。

が、かなり後になって気づくんだけど、3週間の共同訓練中
ホーリーが見せてくれたガイドは、後方からついてくる訓練士を意識し
「ほら、見てみて!」とやっていたこと。

彼にとってはとっても楽しい時間だったんです。教えられたとおり
上手にやれば満面の笑みで褒められ、しかもしっかりアイコンタクトで
お互いをキャッチ! そこには、もう言葉なんかいらないのです。(?) でも、夢中で歩いていた私にはそれが判らず、このガイドが
づっと続くと信じていたのでした。

 今さら不要とは思いつつ、優等生だったホーリーの変貌ぶりを少し。
ホーリーは、匂い嗅ぎや拾い食いが大好き。彼のお腹の横に並んで
歩いている私は、その度に電柱や街灯にぶつかりそうになり、
横飛びで落ちている物に飛びつかれれば、縁石に足を取られ転びそうに。
それが駅の階段だったりするとお~こわい!

お散歩前に家で排泄! は、盲導犬の大切なしつけ。が、これも途中で止めて残しておくんだから涙。何でこんなに変わっちゃったんだろう!?
とため息が出るほど。

が、正直、判らなくはないです。訓練センターを卒業するってことは、
もうお遊びモードじゃダメ。アイコンタクトができない人と歩く
最初のうちは、叱られるのも褒められるのもどこかトンチンカン。
ちゃんとやって当たり前。失敗すれば叱られる…なんて、どう考えても
割に合わない! 混乱し、若さ故にやる気も失せそう。って、何だか
勇んで社会に出た時の自分のことみたい…。(汗)

まぁ、ホーリーの気持ちはちょっとおいといて…。こんな状況で
歩く気苦労を察して下さい。と、とりあえず自分の話に強引に持っていく私。
(再び汗)

 でも、共同訓練のときの強烈な体験は、その後、自宅に戻ってから
始まる悪戦苦闘の日々に耐えるだけの希望をくれたし、しかもあの時の
ガイドぶりだけを信じて頑張ること丸二年。けっこうしぶとい私。

 MLの投稿を読んで思い起こしてみれば、そんな状況下でもホーリーの
ガイドでバックミラーにぶつかったことはないし、駐輪中の自転車の中に
紛れ込んだこともない。それどころか、一度だけ経験した「側溝
落っこち事件」は…。

正直に告白します。ホーリーはしっかり止まり危険を教えたんです。
でも私は彼の合図を信じられず、よそ見していて指示を聞かないんだろう
と勝手に思い込み、無理やり「ゴー」で歩かせたんです。そうです、
私の誤指示が原因です。

でもでも、「オオカミが来た」じゃないけど、ホーリーにも疑われる
下地はしっかりある訳で、日頃の行いが悪いと言うか、お互い、
信頼していないと言うか…。(涙)

こうして、一歩踏み出した足は側溝へズボッ! 見事に自爆したのでした
(号泣) (注.もちろん、ホーリーは落ちませんでした。賢い犬です!)

 白杖で一度も単独歩行をしたことのない私は、視覚障害者の苦労を
な~んにも知らず、世間の目を意識しすぎ、勝手な思い込みで
ホーリーに自分の理想を押しつけ、「そうじゃない! そうじゃない!」と、
思い通りにならないことにいつもイライラし、そのくせ見えない
怖さから彼のスピードについて行けず、やる気を損ない足を引っ張り、
匂い嗅ぎや拾い食いをさせてしまうゆとり、原因を作っていたんです。

 それでも、毎日毎日、理不尽に叱られながら一緒に歩いてくれるホーリー。
Mさんの問いをきっかけに、MLの投稿で知った見えなくて歩くことの危険。
ようやく気づきました。私は、もう昔のようには歩けないんです。
ホーリーと一緒に歩くこの歩みが、スピードが今の私の歩行なんです。
(はい、ここで感動的なBGM!)。私は、自分の「今」を全く判って
いませんでした。

 それに「ホームズも拾い食いの常習犯」とはMさん。彼女も一度、
落ちていたティッシュに横飛びされ階段から落ちそうになってから、
リードだけ持ち、手すりを使って降りているって。

同じ経験を持つ私も、しばらくは手すりで降りていたけど、
それでも、やっぱり拾い食いを止めさせ、ハーネスを持って階段で
降りることに執着。Mさんと私の決定的な違いは…臨機応変な対処と
おおらかさ、頭の柔軟性なのかも知れない。(しみじみ)

 「マナティーさん、歩けるってステキなことだと思わない?」。
Mさんのこの言葉には、全部言おうとしたら収集がつかなくなるほど、
きっとふか~いふか~い意味があって、そうとしか言いようが
なかったんだと思うんです。(鋭い洞察!)

 長いときを掛けてやっと悟れた私の現実。あ~ぁ、それでも
ホーリー君、もちっとしっかりガイドしてくれないかなぁ…と、
安全に歩くことの難しさにため息。苦行の年数が足りないのか、
悟ったけど、ブッダと呼ばれるにはほど遠く…。「玉磨かざれば光なし」。
鍛錬鍛錬!! まだまだ悟りがくすんでいる私でした。(汗)

 「歩けるってステキなこと」…完…

|

« 歩けるってステキなこと part 3…みんな苦労している! | トップページ | 商店街はいい匂い!? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。