« コンビニで「ノー」 part 2 …お相手はエスパーさん!… | トップページ | 番外編「祝 アクセス数2,000達成!!」 »

一人前の盲人の条件?!

・・・ 大ぼけ! 出会いは2005年。
2年目だから…2006年の話し(汗)・・・

 「犬に連れ照ってもらうなんて…」

 ホーリーと、コンビニ入店に成功した記念すべき日。偶然、日頃、
大変お世話になっている方から電話。いの一番に「祝 コンビニ」を
報告できるなんてラッキー! とっても喜んでくれました。が、衝撃的な
話を聞いてしまったのです。

「犬に連れてってもらうなんて半人前。ホームから3回は落ちないと
一人前の盲人じゃないって話、聞いたことあるんだけどどう思う?」

ささ3回…! そんな話聞いたことないです。1回ならあるけど…。恐ろしいことを言う人がいるものです。(汗)私はまたまた考え込んで
しまったのです。

 全国に、約33万人いると言われている視覚障害者。そのうち何%が
白杖だけで単独歩行ができ、線路に3回落ち、ホームに無事生還
できた人が何%いるか、残念ながら全く知らないんです。

3回って数字は初耳だったけど、実は、1回…って言うのは
視覚障害者の間では当たり前のことみたいに言われているらしく、
私も何回か聞きました。

 三回転落節の発信源は、無事生還した経験者かなとも思うけど、
同じ言うなら、恐ろしい体験の、その原因と対策を同胞に話して
くれればいいのに…と思う私。

転落経験者だって、助けられた時は歯の根も合わぬほどブルブル震え、
しばらくは駅に寄りつかなかったのでは…。それが、のど元過ぎれば…で、
自慢話、武勇伝になっちゃったんだと思うんです。でもねぇ~。

 よく取れば、盲目の身で社会に出て行くには、それくらいの意気込みが
なければ。と言う示唆ともとれなくはないです。が、これが1回になっても、
地味~な性格の私としては、新聞ざたになったりすると大変なので、
挑戦はご遠慮させて頂き、半人前のままでいたいと思います。(汗)

 それに、「犬に連れて行ってもらう…」だって、目の見える人が
誤解しているならいざ知らず、同じ視覚障害者までそんなこと
言うなんて…!!(涙)

そう言えば、「盲導犬クイールの一生」の中で、後にクイールの
ユーザーとなる人が「犬畜生に引かれて歩くなんて…」っていってたけど、
連れて行ってくれるとか引かれてとか、これって知らないから
言えるんです。そうだったらどんなに楽か…。(しみじみ)

あっ、盲導犬貸与の順番を待っている視覚障害者も、やっぱり、
目的地に犬が連れて行ってくれると思っているんでしょうか?
だとしたらまずい! まずいので、ここでコッソリ教えちゃいます。

 むか~し、むか~し、おばあさんを善光寺に連れて行った牛が
いたとかいないとか…。でも、いくら長野在住の盲導犬でも、
ユーザーの支持なしでは善光寺どころか、ご近所にさえ勝手に
連れて行ってはくれません。期待しないで下さい。あっ、そこの
あなた、くれぐれも「犬より牛の方が頭いいんだ!」と完結しないように
お願いしますね。(大汗)

 より安全に歩くため盲導犬との歩行を選び、何日も何日も
ホーリーと努力し、入店したらあっさり拒否。一方、肝心の見えない
仲間でさえ、盲導犬とのその努力を知らない。(号泣)

悔しい思いで帰宅すれば今度は半人前だなんて。いいですよ、
いいですけど、せめて同胞には判って欲しいんです。美化も困るけど
誤解も同じくらい困るわけで…。

 一本の電話が、入店拒否のショックから立ち直ったばかりの私に
追い打ちパンチ! {まったく、今日は下がったり下がったり、
上がる暇のない忙しさ。もしかしてバイオリズムの谷間の日?
なぁ~んだ! と言うことは…、明日からは、とりあえず上がる一方!
のようです。はい。

 つづく

|

« コンビニで「ノー」 part 2 …お相手はエスパーさん!… | トップページ | 番外編「祝 アクセス数2,000達成!!」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。