« 番外編 「踏んだり蹴ったりの神無月」 | トップページ | 「ミサンガパワー!! part 2」 »

「ミサンガパワー!! part 1」

・・・ 大ぼけ! 出会いは2005年。
2年目だから…2006年の話し(汗)・・・

 「な・ない…!!」
ホーリーの首輪には、小さなカウベルとプレートが二枚つけて
ありました。「猫に鈴、犬にカウベル」と言うように(ウソです)
カウベルの音は見えない私にホーリーの動きを教え、その音で不穏
な気配さえ感じられる今日この頃。(詳しくは「きれいが大好き!」
を読んでね)。

そのプレートは、共同訓練終了時に協会から頂いた物で、ホーリー
の盲導犬としての登録番号と(財)日本盲導犬協会の名称、電話
番号が刻印されている、いわば彼のパスポートのような大切な物。

本来の役目とは違うけど、ホーリーの動きでカウベルとプレートが
ぶつかり合い、その微妙な音色が彼の歩調まで伝えてくれている
ようで、私には別の意味で役立っていたのでした。(汗)

 ある日、その音がいつもと違うことに気づき、首輪に触れると…。
「な・ない…!!」。そこにあるはずのプレートがない。(汗)
しかも、予備の分として二枚もらったのに{後ではずそ~う}と、
いつものように無精してそのままつけていたため、一気に両方とも
紛失。(再び涙 ){ど・ど・どうしよう~}と、するすると顔に
すだれが降りてきたのでした。

 家族に「家の中で見なかった?」と聞いても答えは「ノー。
それどころか「えっ、そんなのついてたの?」と全員に聞き返され、
家族の注意力のなさにガックリ来た私。1年以上「ホーちゃ~ん」
なんてスリスリしていても気づかないなんて…。

そりゃあ、ホーリーの首にはタプタプがあって、しかもそれは他の
ラブラドールレトリーバーと比べてもタップンタップンらしいけど、
プレートは首輪にぶら下がっている訳だし、いくら毛皮着てたって
埋もれるほど毛深くないし…。どう好意的に考えてもねぇ~。

となると、落とした場所は外しかなく、外なんてもっと判らない。
第一、毎日ほとんど同じ道をお散歩してるって言ったって、路肩の
雑草や途中にあるゴミ収集場所を、這うように舐めるように捜して
くれる奇特な人が一体どこにいると言うんです(号泣)

 で、翌日、お小言覚悟で急ぎ神奈川訓練センターに連絡。
プレートの再発行をお願いしてみると…。電話口に出た訓練士さん
が(ハイ、ここは桜塚ヤッ君風に)「いーいました」。

「…。あぁ、あれは昔の名残でね。プレートが余ってたから捨てる
のももったいないから作ったんです。おかげでプレートも在庫が
なくなりましたし。パウチした登録書持ってますよね? 今はあれ
なんです。だから大丈夫、最後の日に聞きませんでしたか?」。

{エッ、そうだったっけ!}と焦りながら「そ・そ・そう言えば
そうでした。ハハハ(汗)」と、上手く話をごまかしたのでした。
だって、出てくれた訓練士さんが続けてこう言ったんですもん。
「聞いていないとすれば、担当の訓練士の職務怠慢と言うことに
なりますが」って。

改めて問われたら、一瞬どころかエビ状になって後退してしまう
ほど記憶力には自信がない。周囲によると、「最近、更にパワー
アップし磨きがかかって来た」との評だが、恐らく一番声高に力説
しているのは、自分が忘れ、人のせいにしているであろう○○○○
ではないか…? と思うのは私だけです。ハイ!

 そんな訳で、私の思い違いが担当だった訓練士さんの査定に
響いたら大変! と思い、記憶を辿る間もなく慌ててジャッジ。
{きっと、その一瞬だけ気を失っていたに違いない!}と結論。
未練がましく{あの音、好きだったのになぁ…}と思いつつ、
予備をはずしておかなかったことをウジウジと後悔していた私
でした。が…。

 つづく

|

« 番外編 「踏んだり蹴ったりの神無月」 | トップページ | 「ミサンガパワー!! part 2」 »

盲導犬」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。