« 究極のウンチストップ方 | トップページ | 私は見えない訓練士 »

おやすみなさいは平井堅

・・・デビューしたてー若葉マークの頃ー2006年

 ♪瞳をとじて~君を~描くよ~♪
規則正しいホーリーの就寝時間は夜8時。我が家でのルールに馴らそうと思ったけど、
生活環境が突然変わった所に持ってきて、1年暮らしたセンターでのルールまで替えて
しまうのは良くないと思い、起床時間から食事時間まで、とりあえずそのまま踏襲。
それが8時の就寝時間です。

 ホーリーが寝るときに使うケージは私の部屋にあります。犬だって安心して寝るには、
身を守る場所が必要とのことで、70W×80H×90LのL寸ケージを用意。昼間は自由に
出入りできるよう入り口は開け、夜は閉めてあげてます。きめ細やかな気配りに拍手!

本当はそばにいてあげたいけど、さすがに夜8時ではお子様モード。な~んにも出来なく
なっちゃう! そこで思いついたのがCDをエンドレスで流しておくこと。昼間でも、部屋
で一人にする時はラジオを流すと良いと訓練士に聞いたので、ならば夜も同じだろうと…。
ちなみに昼はNHKラジオ教育かBBCを流してます。なぜかと言うと、ときどき英語で
「Good」なんて聞こえてくるだろうから、{誰もいないみたいだけど、どこかでちゃんと見てる人がいて褒めてくれるんだ!}なんて、ホーリーが受け取ってくれないかなぁ~と
期待している訳です。(深い!)

 そうそう。選んだのは、平井堅の「瞳を閉じて」。これは、ホーリーが我が家に来た頃、
遅ればせながら知った私の大好きな曲。平井さんの甘い声も良いし、歌詞も好きだなぁ
~!!(うっとり) 本当はラブソングなんだけど、私には、その歌詞がどうしてもホーリー
と私のことのように思えて…。まぁ、人と犬のラブソングとでも言いましょうか…。(汗)

 毎日毎日、暑い中神経をすり減らして歩いているのに、ちっとも言うこと聞かない
ホーリー君。正直イライラするし頭に来るしで、{ただ歩くだけなのに…}と、自分の
障碍が悔しくて悔しくてどうしようもない訳です。でも、合うは別れの始めと言うけど、
盲導犬と一緒にいられるのはせいぜい8年。もしかしたらもっと早く別れが来るかも
知れないし…。だから、頭にくることもたくさんあるけど、そのときのことを思うと
この曲の歌詞がよけい身に浸みて身に浸みて…。(涙)

 ♪朝目覚めるた~びに~、君の抜け殻がそこにい~る♪
そりゃ私は見えないけど、朝、私が「おはよ~う」と言ってケージに近寄ると、中で
ホーリーが振る尻尾がケージを叩く音。入り口を開けると、嬉しそうにテケテケ出て
くる足音。いつかケージが空っぽになる日が来て、その音が聞こえなくなるのかなぁ…。(号泣)

 ♪ひ~とみ~を閉じて~き~みを~えが~くよ~♪
閉じなくても思える私は幸せデ~ス。だっていつもホーリーの姿を思い描いて接して
いるんですから。そこにいてもいなくても私の中にはいつもホーリーがいます。その方が
印象が強くてつらいかも…。ウ~ン、これがほんとの「千の風になって」だと思うなぁ~。
(涙)

 ♪い~つか~はき~みのこ~と なにもか~んじ~なく~なる~の~か~な♪
どれくらい経てばそうなるか判らないけど、思い出や印象は、一緒にいた年月だけじゃ
ないよね。ベッタリ度とか苦労度とか…。たぶん、大変なことが多ければ多いほどその
密度は濃くなっていくような気が…。だから、ホーリーとの毎日が大変であればあるほど、
私にとって彼の存在は忘れられなくなるはず! 何だか皮肉ですけどねぇ。あっ、でも…、
私は未経験だけど、優秀な盲導犬で、すっごく性格も良い子でも最後は同じかな? 
思うに、どっちにしても別れはつらいってことです。(号泣)

 ♪な~くし~たも~のを~ こえる~つよ~さを~ き~みが~くれ~たから~♪
私がなくした(失った)もの。それは視力だけど、視力が奪い去っていったものは計り
知れないくらいメチャクチャあって、恐らく見える人には想像が出来ないくらい180度
変わってしまった生活。でも、ホーリーが来てくれて、とにもかくにも私は家族に頼らず
お散歩が出来るようになったし、郵便局にもホーリーのドクターの所にも、まだ書いて
ないけど自分のドクターの所にも行けるようになったんです。(快挙) 少しずつ枝葉が
伸びて人との交流も増えて来ました。

「盲導犬と歩く!」と決めた時から踏み出していた一歩かも知れないけど、やっぱり一番
の功労者はホーリー。{もうイヤだ}と思っても、ホーリーが太ってしまいダイエットの
厳命が出れば、彼の元気な老後を思い、足を引きずってでも外出できたし、グルーミング
だシャンプーだと、やることはいっぱい!だから、悪戦苦闘も悪いことばかりじゃない
と思う訳です。(汗)

 こうしてブーブー言いながら、いつか人に聴かれたら言うでしょう。「知らず知らずの
うちに、障碍を越える強さをホーリーがくれました」なんて、きっと最後にはそう
言うんじゃないかなぁ。と、すでにその時を妄想しつつ言葉まで考えている私。その分、
私の堪忍袋の緒が切れて、ホーリーとの早めの別れが来たりしてはまずいんです。(汗)

 どうです。こうして見ると私たちのためにある歌のようでしょ? 特に最後なんか
決まってません? と言う訳で、おやすみソングは「瞳をとじて」です。瞳を閉じないと
眠れませんけどね。(汗) いつか私たちにお別れの時が来て、どこか別の場所でホーリー
がこの曲を聴いたとき、年とって記憶もおぼろげになっているかも知れないけど、
{何だか懐かしいなぁ。}と、怒られたり撫でられたりグリグリいじくり回された遠い
記憶と一緒に、いつもいつも「ホーリーはいい子で~す」「ホーリー かわいい」と
うるさいくらい言ってた私のことを思い出してくれたら…。な~んて、そんなこと考えて
ま~す。あ~ぁ、書いてて涙が出てきちゃいました。今、ホーリーは私の足下で寝て
います。さぁてと、今晩も平井堅さんでおやすみ! ほんと大活躍です!! お世話に
なります。(汗)

<しゅくだい>

1.お留守番させるときはラジオを流して

2.犬だって安心して寝たい

3.人と犬にもラブソング

|

« 究極のウンチストップ方 | トップページ | 私は見えない訓練士 »

盲導犬」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/535489/11978079

この記事へのトラックバック一覧です: おやすみなさいは平井堅:

« 究極のウンチストップ方 | トップページ | 私は見えない訓練士 »