« 本の中から見つけた現実 | トップページ | 窓際のホーリー »

鳴らない風鈴

・・・デビューしたてー若葉マークの頃ー2006年

 「外に吊すのもったいないなぁ」
ホーリーのかかりつけのペットクリニックは、我が家から歩いていける近さ。でも、自分
たちで行く自信がなく、何かあるたびにいつも家族の運転する車でお出かけ。我が家の
ホーリー君、ただいま平成のお犬様状態で~す!!{このままではホーリーのために
ならない!}と気づいた私は、新しい散歩コースの開発も兼ね、自分たちだけで行こうと
決心。今思えば、もっと涼しくなってからトライすれば良かったんだけど、無謀にも、
何故か張り切って果敢に挑んだのでした。(褒めて褒めて)

 クリニックに行くまでに通過する道路の数を確認し、最後の難関である信号機のある
交差点までの距離を一応抑えて…っと!ホーリーは、1cmくらいの低い段差でもしっかり
止まって教えます。(やる気モードの時。涙) だから、通過する道路の数は、ホーリー
がちゃんと止まれば判るはずでした。

でも・しかし・but、その商店街の歩道には車椅子用にスロープが作られており、歩道
から道路に下りるときの段差がないんです!!ホーリーはすいすい歩いて行くし、私は段差
があるはず?と神経を尖らせます。なぜって、道を渡るときは右聞いて左聞いて…、って
習ったでしょ?それしないと車が来てたら危ないんです。車椅子には便利なスロープも、
見えない者には危険だなんてとっても皮肉。たった1cmの段差で知る安全地帯。
それさえも障碍が違えばバリアなんです。歩み寄りって難しいですねぇ~!(涙)

次のバリアは交差点。いつもは左側の歩道を歩いている私たち。でも、クリニックに行く
には右側歩道を行かなくてはダメ。しかも、音の鳴らない信号機のある交差点を渡らない
ように注意し、右折しないといけないから大変。通行人に尋ねながら前進。

「あと50mくらいですよ」「あと100mくらいですよ」って、前進してるのにだんだん
遠ざかるのは何故?見える人って、けっこう距離感に疎いって知りました。(汗)何度か
通っているうちに、右折する道の特徴、足裏に感じる歩道の起伏が判るようになり、
ホーリー自身も角を覚えてくれて一安心。だって、ホーリーはクリニックが大好き!!(笑)

 困ったのは、右折した道のどの辺にクリニックがあるか判らないことでした。(涙)
道路上の端と端なら判るけど、途中と言うのが困りもの。それで、歩数を数えたり臭い
とか音とか、目標になる情報はないか探します。私は中途傷害だからなのか、そんな便利
な感覚が鈍く、とにかく足音に耳を澄ませ、通りがかりの人をキャッチ!

何とか判る方法はないかと家族会議。「クリニックまでの電信柱を数えておいて、ホーリー
が臭い嗅ぎに行った本数を目安にするってのはどう?」ハハハ、何とか止めさせようと
努力している臭い嗅ぎ、それはないでしょ、それは。本末転倒です!!(号泣)

普段からまともなこと言わない家族に、意見を求めた私がバカでした。やはり、相談する
ときは人をみないとね。(涙) そこで、久しぶりに沈思黙考!時は夏、風鈴はどうか…
と言うアイディアを絞り出したのでした。臭い嗅ぎ応用発言の後のこの天恵のごとき
閃き!!で、翌日早速ホームセンターに出かけ、小さいすだれにカタツムリがついた
おしゃれな南部鉄の風鈴をGEt。

これをクリニックの先生にお願いし、せめて夏場だけでも吊してくれれば、私とホーリー
だけで目的の場所が判ると言うもの。ナイスアイディアでしょ!!涼しげな音は道行く
人にも涼を感じさせ、けっこう良いかも?夏が終わる頃には、私たちもクリニックに
たどり着けるまでに成長しているはず…?! I hope!

 次の診察時、風鈴を持参。私たちの独立心と歩行の上達のためご協力を!とお願いし、
ドクターに風鈴を渡して来たのでした。あ~ぁ、それなのに…。次に行った時、風鈴の
音は、行けども行けども聞こえて来なかったのです。(涙)

ドクター曰く、「外に吊すと誰かが持って行っちゃうから」って、それはないです、
それは!!(号泣) 「近くまで来たら携帯で電話して。外に出るようにするから」って、
ありがとうございま~す。(再び号泣){道路に面した内側の窓辺にでも吊してくれれば、
エアコンの風邪でも鳴るだろうし、見えない人の聴覚ってすっごく良いんですよ~!}と
言おうと思ったけどやめて、「じゃぁ、お言葉に甘えて…。」とだけ言った私でした。

 耳を慣らし音を覚えようと、同じ物を自室の軒先に吊した夏。風邪が通り過ぎるたび
思いました。「おかあさん、僕のあの防止…」じゃなくて、「ホーリーのあの風鈴、
どこに行ったんでしょうねぇ~?」(涙)

しゅくだい

1.1cmの段差でも車椅子にはダメですか?

2.鳴らない信号機を渡らない工夫って?

3.途中にあるお店を知るには?

|

« 本の中から見つけた現実 | トップページ | 窓際のホーリー »

盲導犬」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/535489/11210219

この記事へのトラックバック一覧です: 鳴らない風鈴:

« 本の中から見つけた現実 | トップページ | 窓際のホーリー »